無線LAN規格のデメリットとは

パソコンにほぼ標準的に搭載されるようになった無線LAN。パソコンのパンフレットなどを見ると、無線LANの項目には「IEEE802.11a/b/g/n」なども文字が記載されているかと思います。これは、インターネットへ接続する際の通信規格を示しています。b、g、nなどの規格があり、それぞれ通信する速度や周波数帯などが異なっています。それぞれ、どんな特徴があるのでしょう。

例えばIEEE802.11aは、データの通信速度は56Mbpsで、11bより高速です。しかし自宅で使用する際には注意が必要です。家電製品の電波による影響を受けやすいという性質を持っています。具体的には電子レンジの近くで使用するとつながりにくくなる、などの影響を受けます。主にビジネス用途を想定しており、速度は速いものの、個人宅ではあまり使われていません。

また、屋外にある無線LANスポットの多くが、対応規格として「11b」や「11g」を挙げています。もし仮に11aしか接続できないパソコンがあったなら、こうした屋外での無線LANスポットを利用できなくなってしまいます。ただし、パソコンは11aの規格だけ準拠しているというものはなく、少なくても11bに対応しているはずです。

一方、11bは多く使われている規格ゆえ、汎用性が高いのが特徴です。家電による電波干渉も受けません。ただし速度は遅く、8Mbpsとなっています。屋外の無線LANスポットで11bを使って接続しても、十分な速度は望めません。

自宅の無線LANルーターは大抵複数の規格に対応しています。だから特に意識する必要はないでしょう。少なくとも3G回線や4G LTE回線よりはダウンロード速度もアップロード速度も高速です。無線LANならiPhone通信規制なしで使えますし、通信量の節約になるので、いつも4G LTEを使うのではなく無線LANルーターの設定をして自動的に接続できるようにしましょう。